ルンバ基地の設置を希望される場合は早い段階での検討が必要です:十勝S様住宅新築工事現場日記

こんにちは。お盆休み中、普段食べない朝ごはんを食べ、お菓子やらなんやら甘いモノからしょっぱいモノまで食べまくっていたら2キロ太って絶望している事務員の鈴木です。

 

秋島建設の現場施工日記 【ネコちゃんと暮らす開放的LDKのある北欧デザインの家】を随時、皆様に公開しております
image現場日記イラスト

 

【ネコちゃんと暮らす開放的LDKのある北欧デザインの家】現場日記の更新です。

 

※実際の工事の進行状況とブログ投稿における進行状況が連動しておらず申し訳ありません※

※予約制完成見学会も終了しております※

 

 

これから注文住宅を検討している方や、リフォームを考えている方のなかには、ルンバの設置場所について悩んでいる方も多いと思います。

 

毎日の家事や育児、仕事で忙しい方の味方、ロボット掃除機。

 

せっかくの時短家電ですが、サイズが大きいのでよく考えて設置しないと邪魔になってしまします。

 

どうせなら無駄なくスッキリ収納をしていきたいですよね。

 

 

ルンバなどのお掃除ロボットは、掃除が終わったり電源が切れそうになったりすると自動的にホームベース(充電器)のほうに帰っていきますが、リビングに堂々とルンバが鎮座しているというのは、少々邪魔になると思います。

 

それを解消するのが「ルンバ基地」。 ルンバ基地とは、いわゆるルンバの家のこと。

 

ホームベース(充電器)の元に戻ったときのルンバを収納するスペースのことで、ホームベースも含めそこに収納されることになります。

 

ルンバ基地で本体バッテリーを充電し、設定した時間になったらまたそこから稼働。

 

このルンバ基地を設置するにあたっては、コンセントも必要なので、どこに設置するか?どれくらいのサイズが必要か?など、早い段階でいくつか考えなくてはならない項目があります!

 

特にサイズについては、幅と奥行きは機種によって異なるので、ルンバ基地内で充電することを考慮して、どれくらいのサイズであれば収納できるか検討が必要です。

 

ちなみに、 上の写真のようなクリーンベース(自動ゴミ収集機)付きのルンバだと、サイズが大幅に変わってきますのでルンバ基地の設置を希望する場合は早い段階で相談してくださいね。

 

 

今日も秋島建設のブログをご覧くださり心よりありがとうございます。

 

お家のことで心配や困りごとがでましたらお気軽にご相談くださいね。

 

秋島建設メインサイト