『廻り階段』は大工さんの腕の見せ所!!階段の取付は頑丈に丁寧に!!:十勝S様住宅新築工事現場日記

こんにちは。晩ごはんに酢豚を作ると次男が喜ぶので、月に1度は作っていたら、あれちょっと苦手なんだよね…と長男に告白されて、苦手な味を頑張って食べてくれていたんだなぁと申し訳ない気持ちになった事務員の鈴木です。

 

秋島建設の現場施工日記 【ネコちゃんと暮らす開放的LDKのある北欧デザインの家】を随時、皆様に公開しております
image現場日記イラスト

 

【ネコちゃんと暮らす開放的LDKのある北欧デザインの家】現場日記の更新です。

 

 

階段を取り付けるときは、まずは、階段室の両側の壁に位置出しをします。

 

そして、写真のように、階段板を支えるための板状のもの(溝のある白い板)を壁に取り付けます。

 

これを『ササラ板』というそうです。

 

 

階段状に加工(溝)がついている部分に材料をはめ込んでいきます。

 

階段は人間の体重もかかり、よく通るところなので、階段がギシギシ鳴ったりしないように、頑丈に丁寧に取付していきます。

 

慎重な作業ですね。

 

『てっぽう階段』といって、まっすぐな階段は施工も早いですが、三角の板を加工しながら取付していく『廻り階段』の場合は、大工さんの腕の見せ所。。。のようです。

 

 

 

今日も秋島建設のブログをご覧くださり心よりありがとうございます。

 

お家のことで心配や困りごとがでましたらお気軽にご相談くださいね。

 

秋島建設メインサイト