高性能グラスウールと防湿シートで高気密・高断熱住宅に:十勝B様住宅新築工事現場日記

こんにちは。箱買いしているみかん。たくさんあるうちは勢いよく食べるけれど、残り3個くらいになったら遠慮しあって無くならない。早く次を買って来いと言うアピールなのか!?と思う事務員の鈴木です。

 

秋島建設の現場施工日記 【仕事も暮らしも快適にする農家住宅】を随時、皆様に公開しております
image現場日記イラスト

 

【仕事も暮らしも快適にする農家住宅】現場日記を更新してまいります。

 

※11月末お引き渡し完了。写真は9月の様子です※

 

 

壁の断熱工事です。

 

壁の高さにあわせてカットしていき、壁面の柱と柱の間にしっかりと打ち込んでいきます。

 

 

断熱材によって空気の層を作り出して、熱の伝わりを防ぐのが断熱の仕組みなので、同じ材料を使っていても、 正しく施工できていないとその効果を発揮できません。

 

もし隙間があれば、 冬なら外の冷たい空気が、どんどんと家の中に入ってきてしまいます。

 

隙間なくきっちりと施工するために、施工する場所に合わせてグラスウールのサイズが調整されます。

 

高性能グラスウールと呼ばれる断熱材で、防湿シートとの組み合わせにより高気密・高断熱住宅が期待できるそうです☆

 

 

今日も秋島建設のブログをご覧くださり心よりありがとうございます。

 

お家のことで心配や困りごとがでましたらお気軽にご相談くださいね。