外壁は色や種類によって家のデザイン性や外観を大きく左右します:十勝B様住宅新築工事現場日記

こんにちは。買い物が終わって息子の部活終わりにちょうどいいわ~と思って学校までお迎えにいったら、終了時刻を間違えていました。1時間も学校の駐車場に入り浸った事務員の鈴木です。

 

秋島建設の現場施工日記 【仕事も暮らしも快適にする農家住宅】を随時、皆様に公開しております
image現場日記イラスト

 

【仕事も暮らしも快適にする農家住宅】現場日記を更新してまいります。

 

※11月末お引き渡し完了。写真は9月10月の様子です※

 

 

外壁は玄関ポーチ部分だけサイディングを使用。メインカラーのロイヤルブルーはガルバリウム鋼板を使用しました。

 

 

今回、お施主様がセレクトされた【塗装鋼板】一般的なサイディングのイメージと違いますよねぇ~

 

ガルバリウム鋼板は金属の中でもとても錆びにくく、そのうえ軽量なんだそうです!!

 

モルタルや窯業系サイディングは軽そうに見えますが、実はかなりの重量があり、モルタルや窯業系サイディングを使った場合、家には大きな負荷がかかっていることになるんですって!!

 

それをガルバリウム鋼板に変えることで、家全体が軽くなり家の柱や基礎が長持ちするというわけです(^^)/

 

家が軽いと地震などの揺れにも強くなります☆

 

ガルバリウム鋼板は寿命も長いため、20〜30年の耐久性があるとも言われています。

 

見た目の好き嫌いもありますので、まず見た目が好みである場合は、ガルバリウム鋼板の導入を検討してみてもいいかもしれませんね(^^♪

 

 

今日も秋島建設のブログをご覧くださり心よりありがとうございます。

 

お家のことで心配や困りごとがでましたらお気軽にご相談くださいね。