基礎工事は「遣り方」「根掘」から始まります:十勝B様住宅新築工事現場日記

こんにちは。隣町のスーパーまで行ったけど、いつも買っているものがなく、結局戻って地元のスーパーで買う。やっぱり勝手知ったる地元スーパーが落ち着くなぁと思った事務員の鈴木です。

 

秋島建設の現場施工日記 【仕事も暮らしも快適にする農家住宅】を随時、皆様に公開しております
image現場日記イラスト

 

【仕事も暮らしも快適にする農家住宅】現場日記を更新してまいります。

 

 

工事を着手する前に、一番初めにやる作業。

 

遣り方(やりかた)

 

建物の実際の位置・高さ・水平などを決めるそうです。

 

この【やりかた】という作業が、ある意味1番重要な工事と言っても過言ではない!!のだそうです\(◎o◎)/!

 

 

ここから基礎工事が本格的にスタートします!

 

根掘(ねぼり)

 

基礎を設置するために土を掘る工事です。

 

凍結深度(マイナスになった時でも凍らない地面の深さのことで、日本全国各地で決まっている)以下まで根掘りを進めていくのだそうです。

※鈴木調べによりますと、清水町の凍結深度は90cmでした!!※

 

ちなみに、建物の中心部分にあたるところには、地鎮祭にてお浄めをしてもらった鎮物を埋めるのだそうです。

 

肝心かなめの基礎工事はまだまだ続きます\(^o^)/

 

 

 

今日も秋島建設のブログをご覧くださり心よりありがとうございます。

 

お家のことで心配や困りごとがでましたらお気軽にご相談くださいね。